企業も活用する発電

メガソーラーの申請は減少傾向

メガソーラーとは太陽光発電所の中で、出力が1メガワット(1000キロワット)以上の設備のことを言います。 平成23年に成立した、再生可能エネルギーの全量買取り制度により、太陽光発電設備にて発電された電力を電力会社が20年間固定価格で買い取りすることを義務付けすることとなり、大手企業等が参入して投資目的としてメガソーラーの建設ラッシュが起こりました。ゴルフ場跡地や、湾岸の埋め立て地などがメガソーラー建設対象となりました。 当初は42円(税込)が買取価格でしたが、建設コストや太陽光パネルの値下がり等により、年々買取価格は下落傾向です。また、申請が多くなり過ぎたこともあり、一部の電力会社では買取の申請を中止しており、メガソーラーの新規の申請は減少傾向となっています。

メガソーラーとはなにか

メガソーラーとは、出力が1メガワット以上の太陽子発電のことを指します。 東日本大震災以降、原子力発電所に代わる代替エネルギーとして火力発電が重宝されていますが、原料へのコストや地球環境を考慮すると、再生可能エネルギーであるソーラー発電に注目が集まっています。 また、再生可能エネルギー固定価格買い取り制度により、電力会社による再生可能エネルギーの一定量の買い取りが義務づけられました。ここにビジネスの可能性を見出した日本の大手商社や大手通信会社などによって、大規模なメガソーラー施設の建設が活発化し、参入が相次いでいます。 日本にはこうしたメガソーラー施設を設置することのできる用地が以外にも多くあるだけでなく、技術の進歩により効率の良いソーラーパネルが開発される余地がまだまだあることからも、今後メガソーラーの存在感はますます高まっていくといわれています。