依頼前の見積り

シャッターが破損した場合。

ガレージの電動シャッターは意外なことで壊れてしまい修理しなければならないことがあります。車を車庫に入れているときに半開きのままなのを忘れてしまいシャッターにぶつけて破損してしまうことも多いです。経年劣化で自然に破損してしまうこともあります。電動シャッターが急に下りなくなったりすることもあります。業者に連絡して修理をお願いすることになりますが、業者によって金額と修理内容にかなり違いがあることがあります。あまり古いシャッターなどの場合は部品の在庫が存在しておらず、修理代金が高額になることがあります。最初に見積もりをしっかりと聞いておかねばなりません。後になって金銭トラブルが起こる可能性もあります。

修理の説明をしてくれる所に頼む。

破損した部分を交換しなければならない際は、どのような修理をするのか説明してくれて金額提示してくれます。そのなかには出張費や部品代を含まれているので確認しましょう。項目ごとにどういう工事をするかきちんと説明してくれる業者にお願いします。工賃は各業者によってまったく違います。安いところもあれば高額なところもあるので注意します。インターネットで調べれば自宅近くで修理してくれるところが見つかります。支払う金額が妥当な値段か判断するのは正直難しいと思います。シャッターの損傷がそんなに酷くなく使用するのも問題なく出来るのであれば修理しない方もいます。しかしへこんだり傷が入っていたりした場合は見栄えも良くないし、放置しておくと傷が原因で更なる故障が出てきてしまうこともあるので直したほうが良いです。